宝塚チケット取れない?倍率や取りやすい曜日を調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
カード枠おすすめNo.1
★ エポスカード ★

\入会金 年会費 永年無料/

↑ 上記バナーよりカード発行で ↑
2,000ポイントプレゼント!

今回は、「宝塚チケット取れない?倍率や取りやすい曜日を調査!」と題してお届けしていきます。

「宝塚歌劇団」といえば女性だけの劇団としてとても有名ですね!

宝塚歌劇団には5つの組があり、それぞれにトップスター(男役)・トップ娘役といて、王道の『ベルサイユのばら』や、漫画・映画・海外ミュージカル原作の作品や、宝塚オリジナル作品まで、多彩な作品があります。

中でも、人気作品や注目されている演目になると、宝塚のチケットはなかなか取れない…とよく聞きます。

私も、母と宝塚大劇場で『ベルサイユのばら』を観に行こうとした時(10数年前です)に、なんとしてもチケットを確保したかったので、取りやすい曜日があるのか、倍率はどれくらいなのか、チケットを取るため色々調べました。

そこで私の経験談も合わせて、宝塚のチケット倍率や取りやすい曜日についてご紹介していきます!

宝塚歌劇団のチケットは
非常に倍率が高い舞台です…!

クレジットカード枠を利用して
\チケットの当選確率を上げましょう/

クレジットカード枠なら
★エポスカードがおすすめ★
  • 他カード枠より申込可能公演数最多
  • 入会金年会費永年無料
  • 最短即日発行(郵送だと約1週間)
  • 入会特典で2,000エポスポイント(2,000円相当)もらえる
  • 2,000エポスポイントはチケット申込時に利用可

カード枠の申し込みに備えて
\早めに作成しておきましょう/

目次

宝塚のチケットは取れないほど人気?

私の母親(60代)よりもっとお姉様のファンが多い宝塚歌劇団。

古参ファンの方でもなかなかチケットが取れないとよく話していますので、チケットを取る難易度の高いことがわかっていただけると思います。

この狭き門をかいくぐる為に、以下のことを頭に入れておくといいでしょう。

  1. 宝塚のチケットで取れない組
  2. 宝塚のチケットで取れない席

宝塚のチケットで取れない組

宝塚のチケットで取れない組は以下の2組となっています。

  1. 花組
  2. 星組

花組は宝塚で最も古い歴史を持ち、宝塚歌劇団らしい華やかさと舞台のレベルが高いことで最も人気のある組です。

次いで星組は、宝塚伝統を重んじながら革新的なチャレンジを続けており、個性豊かで情熱溢れる舞台だと人気があります。

この2つの組の公演はファンも多いため、チケットが取りにくいでしょう。

宝塚のチケットで取れない席

宝塚のチケットで取れない席は以下のようになっています。

東京宝塚劇場1階席最前列〜10列目までのセンターブロックのSS席S席
2階席最前列付近
宝塚大劇場1階席センターブロックのSS席やS席
2階席の最前列

1階席の最前列付近は演者との距離も近く、演者の表情だけではなく衣装の細やかな装飾も鮮明に見られ、演者の息遣いまで感じることができるためとても人気が高いです。

次いで2階席の最前列は舞台にも近く、舞台全体をしっかりと見渡すことで演出を感じることができ、視界を遮るものがなくストレスフリーで観劇することができるため人気があります。

しかい、SS席やS席は、旅行会社のツアーで予約枠が埋まっているケースもあるようです。

宝塚のチケット倍率は?

宝塚のチケット倍率は、約1.71倍と予想しています。

ただ、宝塚のチケットの倍率を計るのは、以下の点がそれぞれ異なる為とても難しいです。

  1. 5つの組での人気度合い
  2. 人気の演目かどうか
  3. クレジットカード枠・旅行会社団体利用と重なるか
  4. 土日か平日か
  5. 東京宝塚劇場か宝塚大劇場か
  6. 新人公演であるかどうか

今回は『宝塚友の会』に入会して、東京宝塚劇場で土日の公演のチケットを先行販売で申し込むと仮定して計算しています。

(友の会のステータスは考慮せず、座席は指定しません)

宝塚友の会会員数(約95,000人)の約6割が申し込む(57,000人)÷(2024年4月の土日8日×1日2回公演×東京宝塚劇場2079席=33,264席)=約1.71倍

意外と高くない計算になりましたが、どの公演でも抽選漏れの声が多いので、実際はもっと倍率が高いのかもしれません。

宝塚のチケット確保の確率を上げるためには、応募数の少ない以下の日程を選ぶことが大事です。

  1. 千秋楽・トップスターの卒業公演は避ける
  2. 宝塚大劇場を選ぶ
  3. 平日で、2回公演がある日を選ぶ

宝塚のチケットで取りやすい曜日はある?

宝塚のチケットで取りやすい曜日は平日です。

土日は特別なことがなくても混み合います。(映画でも遊園地でも土日は混みますからね…)

しかも初日や千秋楽に重なるとさらに取りにくくなりますし、トップスターの卒業公演は激レアチケットとなりさらにチケット確保の難易度が高くなります。

こういったケースでは一般発売の日を待たずに完売してしまうことが多いです。

ちなみに私は平日休みだったので土日休みの人よりチケットが取りやすく、母と二人で宝塚大劇場で『ベルサイユのばら』を観ることができました。

(10年以上前のことで座席がSかAかはっきりと記憶がありませんが、S寄りのA席だったはずです。)

宝塚のチケットがなかなか取れない…と感じている方は、クレジットカード枠を利用するのがおすすめです!

カード枠おすすめNo.1
★ エポスカード ★

\入会金 年会費 永年無料/

↑ 上記バナーよりカード発行で ↑
2,000ポイントプレゼント!

宝塚チケット取れない?倍率や取りやすい曜日を調査!まとめ

以上、「宝塚チケット取れない?倍率や取りやすい曜日を調査!」というお題についてお届けしてきました。

宝塚歌劇団には100年以上の歴史があり、1998年に宙(そら)組が創設され、2024年2月現在では花・月・雪・星・宙の5つの組があります。

組ごと・演目によって人気の度合いが異なるためチケットの取りやすさは変わってきます。

また自分が観に行く曜日、クレジットカード枠・旅行会社のツアー団体利用と重なってしまうと、チケットの倍率が上がり、取れない確率も上がります。

宝塚のチケットで取りやすいのは、宝塚大劇場で、千秋楽など特別な公演ではない、平日の公演です。

ぜひこちらを狙ってチケットを申し込んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次